読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとファンタジー

ばらばらな思いを整理する雑記帳。

おんな城主直虎(2)崖っぷちの姫

2017・01・15放送

 

キャスト

  • 村のはみ出し者(ムロツヨシ)…あばら家に住む汚い男。金が欲しい。なんでも、隣の村と対立した時など事態を収めるために差し出される目的で養われているらしい。そんなことがあるのかと、驚きを感じる。

 

あらすじ

  去りゆく亀之丞に最後会うことができたおとわは、亀之丞が「必ず帰ってくる」と約束したことに答えて、「待っておる」と告げる。亀之丞が追っ手に捕まらないように身代わりになって捕まるおとわ。結局処罰を受ける前に両親に気づかれことなきを得るが、母にはひどく叱られる。

  亀之丞探しを諦めた今川家は、小野政直を通じて下知を出す。いわく、「小野和泉守政直を新たなお目付役に任じる。」「おとわは小野和泉守の息子である鶴丸と娶せる。」というもの。これには、井伊家の家臣たちの怒りも爆発で、その場は騒然とする。

  おとわに亀之丞を諦めさせ、鶴丸と夫婦約束をさせようと説得を重ねる両親だったが、おとわの決意は固く、新たに鶴丸と夫婦約束をする話には頑として頷かない。ご初代さま(井伊家先祖)が赤ん坊の時捨てられていた伝説の枯れ井戸のところでおとわが思案していると鶴丸が通りかかる。逃げようとする鶴丸から、鶴丸の父親が亀之丞の父親の謀反を今川家に告げ口したという話を聞き、ショックを受けるおとわ。しかし逆に鶴丸の両肩を掴み、「それは鶴丸の父がしたことであって鶴丸のしたことではない。鶴丸を恨むのは筋違い」と力強く語りかける。

  その夜おとわは家出をし、村のはみ出し者(ムロツヨシ)のところでわらにくるまって寝かせてもらう。その一帯大騒ぎでおとわ誘拐犯を探す井伊家だが、村のはみ出し者が礼金目当てにおとわを突き出し、おとわは無事帰宅する。しかし家出の真意を問われ、もし自分が鶴と結婚していたら戻ってきた亀がかわいそうだと泣きじゃくるおとわ。

  その後おとわは他にも方法があるのではないかと両親を責めたため、納戸のようなところに閉じ込められてしまうが、ずっと鶴丸と夫婦約束をしないで済むためにはどのような方法があるだろうかと考え続けていた。そして侍女の悲鳴を聞き駆けつけた井伊当主は、髪を自分で短く切っている娘を発見するのであった…。

 

感想

  …あらすじ長かったかな。

  書いてみると鶴丸が不憫で浮かばれない。本当に。おとわは亀之丞との約束を守りたい一心なだけだけど、ものすごく鶴丸を嫌ってるみたいな態度じゃないか。

  インパクト大の村のはみ出し者(ムロツヨシ)!なんだかかわいそうになる登場の仕方だし、ものすごく薄汚れてて口の中まで汚そうだったしピッカピカのお姫様と並ぶと違和感半端なかった。本当に犯罪者と思ったお父さんを責められない。

  基本的におとわ目線だけど、鶴丸はどう思ったかなあと考えてしまう。「自分と結婚するのはそんなに嫌なのか!?」ってショックを受けてないかな。いや、もちろん賢いからおとわがどう思うのかわかってて、鶴丸はお父さんに夫婦約束はしないっていうんだろうけれど。

  あとはおとわの侍女が悲鳴をあげるシーンが二回もあって、すごいこの人寿命縮みそうって感じのギョッとするような悲鳴を響かせるので、ある意味おもしろかった。血相を変えて叫ぶシーンが目立つ侍女さん(笑)

  おとわはほんとに亀之丞が好きなんだなあって、「亀がかわいそうではないかああああ」って泣く場面で思った。その後の場面でも頰に泣いた跡が残ってて芸が細かかった。いや、感情が高ぶってしまって親に強く当たってしまうという感じで納得。あと髪を適当に剃ろうとして側頭部から出血してる部分があって痛そうだった。

  いい加減な和尚さん、出番は少ないけど好きだなあ。今後も重要な役になりそう。