読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとファンタジー

ばらばらな思いを整理する雑記帳。

おんな城主直虎(1)井伊谷の少女

2017/01/08放送

 

天文13年(1544)、遠江国(とおとうみ)井伊谷が舞台。

キャスト

  • おとわ(子役・新井美羽←ミウ)…主人公。女の子だが、元気一杯の男の子のようないたずらっ子で常に冒険心を持っている。
  • 亀之丞(子役・藤本哉汰←カナタ)…体は弱いが意思は強く、一人前になりたいと渇望する少年。おとわと一時的に婚約関係になる。笛が上手。
  • 鶴丸(子役・小林颯←カイ)…頭が良く、あまり無邪気になれず距離をとって観察してしまう少年。おとわのことが好きかもしれない。
  • 井伊直盛杉本哲太)…おとわの父親にして井伊家当主。男の子が生まれず、おとわを息子のように育ててしまう。
  • 井伊千賀(財前直美)…おとわの母親。非常に説得がうまい。
  • 井伊直満宇梶剛士)…亀之丞の父親で、直盛のおじ。今川家による支配に強い反感を抱いている。右目を先の今川との戦でなくしている。
  • 小野政直吹越満)…鶴丸の父親で井伊家筆頭家老。非常に切れもので、かつ、今川家に傾倒しているが、心酔しているかはわからない。
  • 南渓和尚小林薫)…いつも不真面目な態度で隠れて飲酒をしていたりと、問題の多い和尚だが時に鋭い意見を言うことも。基本的に面倒見がいい。

 

  子役の名前が読めなくて苦労したよー。

 

あらすじ

  遠江国井伊谷は、古くから井伊家によって治められていたが、戦国の世の中においては今川家にかなわず、その軍門に下っていた。それに反感を抱いている家臣がまだ大勢おり、今川家との軋轢が潜在的には残っていた。

  井伊家の当主直盛には男児がおらず、未だ幼少のおとわにいずれ婿を迎えることが決まっていたが、家臣の中でも意見が割れ、今川から婿を迎えようという意見と、井伊家家臣の中から婿を出し結束を高めようという意見が水面下で戦っていた。

  おとわは男の子のように育ち、いずれは父の後を継いで井伊家当主になると思い込んでいた。幼馴染の亀之丞と鶴丸と一緒に野山を駆け回る日々を送っていたが、ある日亀之丞と婚約することが決まったと聞いて、父親に直談判に赴く。母親に説得され、女の子らしくいることを決意するも、行動は今までのように周りを振り回すやんちゃっぷりのままであった。

  勉強を教わっている龍潭寺の和尚にこっそりと人助けをする竜宮小僧の逸話を知り、竜宮小僧探しに熱中するおとわと、付き合わされる幼馴染たち。ひょんな事から、僧の死体を発見してしまう。その僧は井伊直満の屋敷で目撃されており、実は直満の今川家に対する裏切りの書面を携えていたため、それを知っていた何者か(おそらく小野政直?)の手のものによって殺され書面を奪われたのだった。

  僧の死体について井伊家当主が確認し慌ただしくなる中、今川家から使者が訪れ、駿府に呼び出されていた直満の首が箱に入れられて届けられた。謀反の疑いで処刑されたのだった。今川家の使者は、直満の息子である亀之丞の首も差し出せと強硬姿勢だが、今川家家臣や直満の父で直盛の祖父の直平(前田吟)の強い反対によって亀之丞はどこかへと逃がされる。

 

感想

  とってもとっても乙女ゲーム序章のような始まり方で胸をときめかせてくれる。すばらしい。おとわの少年のような振る舞い方もGOODだし、病弱だけど芯の強い幼馴染、遠くから二人を見つめる寂しげな幼馴染、すごくいい三角関係?で期待が持てる始まり方。子役の演技も自然で、特に鶴丸はのちに高橋一生になるのがぴったりの似た顔立ちに大人びた雰囲気。

  今回はおとわと亀之丞の淡い両想いが描かれて、しかも引き裂かれるという悲劇的な始まりだった。最後の会話で、亀之丞が自分じゃ頼りないだろうと自信のないところを見せると、おとわが亀之丞には他にもいいところがいっぱいあるし、私が亀之丞の代わりに戦場へも行って見せると豪語するところは本当に想いを感じたし、亀之丞が「私の竜宮小僧になってくれるのか」とおとわに尋ねるのは武家らしくない風流な例えで、やっぱり亀之丞が心優しい少年だなあと感心した。それに父親を亡くしてたった一人になったばかりで気丈だなあと。

  今後は鶴丸がどう絡んでくるのかなー?